exhibitions

有馬晋平 作品展 「雲」

2019
11/2-11/17

有馬晋平 作品展 「雲」

会場:DOKI ROKKO 〒657-0101 兵庫県神戸市灘区 六甲山町中一里山 1番地



 

 

有馬晋平 作品展 「雲」

2019年11月2日(土),3日(日),4日(祝・月),8日(金),9日(土),10日(日),16日(土),17日(日) 計8日間

 

六甲の<自然>と、人間が築き上げた<建築>の空間に置かれた作品。
共鳴する二者の間で繰り返される”こだま”は雲のよう…

 

一般社団法人 文化振興ネットワークでは、11月2日(土)~11月17日(日)のうち<計8日間>の会期で神戸市六甲山にある「DOKI ROKKO」を会場とし、『有馬晋平展 「雲」』を開催いたします。
有馬氏は、オブジェ「スギコダマ」をはじめとした、杉の木をテーマに作品を制作する造形作家で、東京やパリなどにおいて、数々の個展や展覧会を行ってきました。
会場にたたずむ小さな「こだま」や大きな「こだま」を五感で感じてください。
11月9日(土)には、有馬氏とDOKI ROKKOの設計を手がけた建築家 内藤廣氏によるトークイベントも開催いたします。(詳細は後日配信いたします)
本展覧会は、現代美術家 安部泰輔氏をアドバイザーとして、また手仕事研究家 石田紀佳氏もチームのメンバーとしてお迎えし、有馬氏の作品を新たな視点で捉える展示構成となっています。

________________【Exhibition】________________

【日程】2019.11 /2 [土] – 4 [月・祝] , 11 /8 [金] – 10 [日] , 16[土] -17[日] 【時間】11:00 – 18:00 ※最終日のみ17:00 Close
【会場】 DOKI ROKKO
〒657-0101 兵庫県神戸市灘区 六甲山町中一里山 1番地
TEL:078-326-2718
HP:https://www.cdn-kobe.com/

※展示会のみにお越しになられたい方は「予約不要」にてご覧、ご購入いただけます。

________________【Events】________________

11/3[土] 14:30– 【予約不要・入場無料】
Gallery Talk
有馬晋平によるギャラリートーク

11/9[土]14:30–16:00 【要予約・入場無料】
Talk Event
建築家・内藤廣×有馬晋平 トークイベント
お申込みについて:「建築家・内藤廣×有馬晋平 トークイベントお申込み」フォームより申込みください。
ただし、先着50名で締め切らせていただきます。イベント当日は、最寄りの「六甲ケーブル下」駅よりDOKI ROKKOまで送迎車を準備致します。お申込みする際ご希望をご記入お願いします。

 

11/4[月・祝]14:30– 【予約不要・入場無料】
Talk Event
「この星の道のり」地球詩絵本をめぐって
石田紀佳・有馬晋平

11/16[土] 14:30–15:30【予約不要・入場無料】
Song
三木千夏 ライブ

profile
[三木千夏  Chinatsu Miki] 作詞・作曲/歌・ギターなど
バンドでの活動を経て、2007年より各地のカフェ、ギャラリーなどで弾き語りライブを行う。さまざまな手仕事に興味があり、作家とのコラボレーションや、展示会、ものづくりイベントでのライブも多い。2009年、自宅キッチンにて1年を通じて録音したミニアルバム「手と声と」をリリース。弦と声の響きとその隙間に耳を澄ませて、日々の暮らしの中に見つけた大切なもののことを歌う。
Website:http://chinatsu.verse.jp/

[期間全日] “ 野生の石 ” による お食事と喫茶
12:00-17:00〈数量限定〉

profile
[野生の石=石田紀佳 / 石田千里 /くぬぎまさみつ]
われわれは何を食べてきて、そして何を食べていくのか。この星のいのちのめぐりあいを一皿に。石焼きチャパティ、自家製スパイス、生芋こんにゃく、杉桶仕込みそ、六甲まわりの季節の恵みとともに。
※ご体調等に応じた菜食プレートもご用意します。当日、ご相談ください。

[特別展示] 地球詩絵本『 A Never Ending Story 果てなき旅 』(協力:服部植物研究所)
地球誕生から46 億年。1ページを100万年とし、全4,600ページにも及ぶ、地球誕生から人類がコケの傍らに二本の足で立つまでの道のりを、版画で表現した絵本です。コケ、恐竜、植物、人類、そして「杉」の誕生をこの地球詩絵本から感じてください。

  

_______________________________________________

【主催/お問い合わせ先】
一般社団法人 文化振興ネットワーク
電話:078-326-2718
Eメール:info@cdn-kobe.com
URL:cdn-kobe.com

よくあるご質問はこちらをご覧ください。
https://www.cdn-kobe.com/qa/

 

______________【Exhibition】______________
Schedule
Shinpei Arima Exhibition Kumo at DOKI ROKKO
2019 November 2[Sat] 3[Sun]4[Mon/National holiday] 8[Fri] 9[Sat] 10[Sun] 16[Sat] 17[Sun] open 11:00-18:00
November 17 open until 17:00

__________________【Events】__________________
[No charge for admission] 11/3[Sun] 14:30-
・Gallery Talk by Shinpei Arima

11/4[Mon/National holiday] 14:30‒
・Talk Session
by Norika Ishida and Shinpei Arima
・The story of the picture book of the poetry of the Earth and Arimaʼs works

11/9[Sat] 14:30‒16:00
・Talk Session【Reservation required】
by Hiroshi Naito(Architect) and Shinpei Arima
Reservation: You can apply from the website(https://www.cdn-kobe.com/). The seats are limited to the first 50 people. On this day, we will run a shuttle bus from Rokkosanjo station on the Rokko Cable Car to DOKI ROKKO. If you wish to take the shuttle bus, please let us know when you apply.

11/16[Sat] 14:30‒15:30
・Chinatsu Miki Acoustic Live
On this day, we will run a shuttle bus from Rokkosanjo station on the Rokko Cable Car to DOKI ROKKO.

_________【All days of the term】__________
・Meal and Café by “Wild Stone”
12:00-15:00(limited in quantity)
There are also vegan dishes.
[Wild Stone: Norika Ishida/Chisato Ishida/Masamitsu Kunugi]

・Special Exhibition
The picture book of the poetry of the Earth “A Never Ending Story”
Support: Hattori Botanical Laboratory

■ Venue
DOKI ROKKO
1 Nakaichiriyama, Rokkosancho Nada-ku, Hyogo 657-0101

■ Access
Take the Rokko Maya Sky Shuttle Bus from Rokkosanjo Station on the Rokko Cable Car. 1minute walk from Mikuniike bus station.
URL: https://www.cdn-kobe.com/access/

■ Organizer/Inquiry
General Incorporated Foundation
Kobe Cultural Development Network
Phone: 078-326-2718
E-mail: info@cdn-kobe.com
URL: https://www.cdn-kobe.com/

■ About
DOKI ROKKO is a building designed by Hiroshi Naito and is located near the top of Mt. Rokko. The rusty granite walls, reminiscent of the remains of ancient times, surround wooden galleries and residence space. This space allows you to feel the beautiful nature of the surroundings in peace and enjoy enriched time.
The gallery in the building is operated by Kobe Cultural Development Network.
We hope to contribute to develop culture that touches the root of peopleʼs heart.
Please take this opportunity to visit a nostalgic new place.

 

BACK